TOKYO AUTO SALON 2010 with NAPAC レポートその2


レポートその1の続きです☆

 


今回パーツ関係で目立ったのは純正ステアリングの加工品。純正の機能を残しつつカスタムするのが今後定番になっていく予感がします。

 


こちらブリッドブース。2010年1月より株式会社ブリッドに社名を変更したそうです。例のゴタゴタもついに結論が出たようで・・・

 


芝ライニングのブースにホンダF1用のアルコン製純金キャリパーを発見!・・・と思ったら純金メッキでした(そりゃそうか・笑)

 


どうも電子系パーツが気になる私(^ー^;)ブリッツブースはTouch-B.R.A.I.N.というOBD端子に繋いでデータのモニタリングとマップの書き換えができるツールを参考出品。これからは燃調も手軽に自分でイジる時代に!?

 


パワーエンタープライズブースに展示のi-Stage。基本はスロットルコントローラーですがオートクルーズ機能やシフトダウン時のブリッピング機能が搭載された高性能モデル。後発だけにうまく付加価値をつけています。

 


同じくパワーエンタープライズのインサイト。タービンチャージャーとLPGタンク搭載で更なるパワーとエコを両立のすぐれもの(^ー^)

 


クムホブースのiF Design Awards 2010受賞タイヤ。スタイリッシュなパターンです。

 


ちょっとホイールも気になっておりまして・・・RAYSブースへ。下のホイールはイカツイですねー(^ー^;)

 


個人的にはこういうシンプルなデザインが好きです。Zにも似合いそう(^ー^)

 


アールプライドの和風ホイール「和道・桜」には18インチと20インチが出るそうです!塗り方の違いで満開バージョンと五分咲きバージョンがあるなんてオシャレ(笑)。

 


トピー工業のブースにはスタイリッシュなスチールホイールが。一見テッチンとは思えないほどのデザインがステキです。

 


ロードスターガレージ(ロードスターベースの2000GTレプリカで有名)のハコステ。ステージアをハコスカ風にリメイクしちゃいました!よく見るとサイドパネルもそれっぽくなってます。こだわりの逸品。

 


ホンダネットナラブースには実に70000カラットの宝石をちりばめたゴージャス塗装のオデッセイがっ!グラインダータトゥもすごいけどコレもすごい!!

 


今回で2度目の出展となるアバルト。今年は500もグランデプントもエッセエッセ仕様を展示。

 


エッセエッセキットはこんな木箱に詰め込まれて送られてくるそうです。木箱も欲しいですね(笑)。

 


出展車両のZ33は数えるほどしか・・・うーん、エロいw

 


Z33をZ34っぽく見せるガーニッシュを発見!個人的にはZ33のデザインのほうが好きでっす!

 


Z33用フルコンの東名レイテック・エボルシオン。欲しいなあ・・・

 


リキモリブースはエングストラーモータースポーツのWTCC車両を展示していました。

 


あ、でもこっちの車も見てみたかった(笑)。

 


アップガレージブースではものまねタレント・グラップラーたかしさんのステージやってました(^ー^)

 


おおっ!このヴェルファイア、ボディが革張りです!!

 


革なのでロゴは刺繍でした!!!雨の日大丈夫かな(^ー^;)

 


そしてオートサロンといえばドリ車(^ー^)RE雨宮は今年RX-8で参戦するそうです!

 


すごく手の込んだ塗装・・・こういう人は格安コピーエアロなんて買わないんだろうなぁ(笑)

 


こちらはS13 にオデッセイのヘッドライトが移植されています!ワンオフはぶつけたら終了なので・・・上級者向け!

 


ドリフトの人ってこのフロントガラスのまま走っちゃいそうなイメージがあります・・・(失礼)

 


D1・Bee-R号のトランクとリヤウイングには透明の整流板が装着されていました。富士あたりだと効果ありそうですね。

 


なぜオートサロンに軍用車が・・・(笑)ハマーH1をハンビー仕様にリメイクしたのはダックスガーデンというショップさんです!

 


初日を見終わりまして千葉みなとのホテルに向かい・・・夕飯はまた海浜幕張に戻ってきました(笑)ちばチャンサイコー(^ー^)v

・・・食べ過ぎて朝の3時までお腹が張って眠れませんでしたorz

 

レポートその3に続きます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。