DJデミオ BLITZ Power Thro 取り付け



先日購入したブリッツのパワスロを取り付けましたので、記録がてら紹介です(^ー^)

今回もアジトのガレージをお借りしてアドバイスいただきながらの作業。
いつもありがとうございます!

 


こちらはパワスロの取り付け説明書なのですが、エンジンルームからの配線をどこから引き込むか、また電源・リバース信号をどこから取り出すかに関しては記載がありません・・・むしろそこが一番知りたいんですがorz

 


とりあえず不明点は後回しということで、作業開始。エンジンカバーを外して(上に引っ張るだけで取れます!)、圧力センサーを見つけます。矢印の部分ですね(^ー^)

 


こちらの圧力センサーのコネクターを、付属のハーネスで分岐。

 


分岐した配線を純正の配線に沿わせて固定していきます。

 


パワーユニットは、ヒューズボックスの蓋に固定しました。

 


電源とリバース信号は助手席側で取る(ことにした)ので、助手席側フェンダー内のサービスホールに向かって配線を取り回していきます。

 


鉄板に擦りそうな部分はコルゲートチューブを巻いておきました。

 


そして、室内へ配線通しを使って引き込み。ヒューズボックス横の穴から引き込みました。
これが一番しんどかった・・・ほとんどお任せしちゃいました(>_<)

フットランプとドラレコの配線が散らかってます・・・今度きれいに手直ししよっと(^ー^;)

 


続きまして、室内の作業。
コントローラーはこちらに取り付けまして、

 


お次はアクセルペダル。オルガン式とはいえ、ボルト2本で外れちゃいます(^ー^;)

 


コネクターを外し、ここも付属のハーネスで分岐させます。
予定ではこの配線をグローブボックスの辺りまで持っていこうと思ったのですが・・・全然足りない!

結局、ステアリングコラムの奥にスロコンユニットを取り付けて配線。
するとパワーユニットの配線は長さギリギリ、電源はコードの長さが足りずに延長・・・

 

多分、運転席側から配線を引き込むのが正解なんだと思います(^ー^;)

 

ただ、今回の方法が必ずしも間違いということではないですし、ちゃんと動作はするので問題はないです!

 

・・・言い訳?笑

 

今後パワスロを取り付ける方いらっしゃいましたら、ご参考まで(^ー^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。